胃の調子を良くする食べ物

胃の調子を良くする食べ物

胃の調子を整えるためには食べ物や飲み物にも気をつけなくてはなりません。
胃にやさしい食べ物や飲み物を知り、それを普段から口にするようにすれば
かなり胃への負担を減らすことができます。

 

では具体的にどのようなものがいいのか、ご紹介していきましょう。

胃の調子を整える食べ物

胃の調子を整えるなら温かいもの、消化のいいものを口にするように心がけましょう。
体を冷やすもの(冷たい飲み物や体を冷やす性質のある野菜や果物など)は極力避けましょう。

 

麺類を食べるなら温かいかけうどんや鍋焼きうどんなどがオススメです。
また、生姜など体の中から温めるものを食べるようにすると胃が温まり、調子がよくなります。

 

どうしても食欲がない場合でも、あまりにも胃の中が
長時間空っぽになると逆に調子が悪くなってしまいます。
ですので、おかゆやおもゆ、スープやすりおろしたりんごなどを食べるようにするといいでしょう。

 

吐き気があるなどの症状がある場合には無理に食べることはしないほうが懸命です。
自分の現在の調子を見ながら食べるものを選びましょう。

 

ちなみに炭水化物を摂取したい場合は
胃にやさしいパンやクラッカーなどを食べるようにするといいですよ。

 

胃の粘膜にはキャベツ

胃の調子を整えたいときに是非食べたいのがキャベツです。
実はキャベツは胃潰瘍の薬の材料にもなっているものなのです。
その効能は胃の粘膜を守るというもの。
揚げ物などの刺激が強いものにキャベツの千切りがついているのはこのためなのです。

 

消化機能に不安があるならキャベツがいい、とも言われています。
できるだけ食事にキャベツを取り入れるなどの工夫をすれば、さらに胃の調子を整えることができるでしょう。

 

このように日々口にする食べ物に気を配ることで胃の調子を整えることは大いに可能です。
ちなみに、飲み物はコーヒーなどの体を冷やすものをさけて白湯などを飲むようにするといいでしょう。
冷たいものを一気に飲むクセがある人は特に胃を冷やしやすいので十分注意してくださいね?

 

胃の不快症状には漢方もおすすめ

胃がキリキリしたり、ムカムカするといった不快症状に悩んでいる方は、胃の調子を整える食べ物を選んで食べるだけでなく、漢方のサプリメントも同時に摂ることをおすすめします。

 


当サイトのおすすめは「生薬製剤イツラック」。3種類の生薬(ケイヒ、チョウジ、ウイキョウ)が胃の調子を整えてくれる漢方です。

 

  • 胃のもたれが週に数回ある。
  • 胃酸が上がってくることがある。
  • みぞおちの痛みが週に1回以上ある。

 

こんな症状がある方はぜひ始めてみてください!

 

>>生薬製剤イツラックの公式サイトはこちら