朝食 腸

朝食を抜くのはNG!しっかり朝食で腸しっかり!

朝というのは何かと忙しい時間ですよね。
ある人は学校にある人は仕事に、ある人は家事に追われ…
朝はゴタゴタしたりバタバタしたりしやすい時間帯だといえます。

 

さて、そんな時間に摂る食事、あなたは抜いてはいませんか?
腸の調子を整えたいなら、朝食は絶対必須のものなのですよ!

スタートダッシュのための朝食

朝というのは1日の始まりの時間です。
人の体は朝日を浴びてそして朝食を摂取することによって脳の時計が正しく設定されるのです。

 

腸は第二の脳とも言われる場所。
きちんと腸内の時計もリセットするために朝食は必ず摂取しましょう。
それが腸の調子を整えるための第一歩です!

 

⇒生きた乳酸菌で腸をスッキリ!「善玉菌のチカラ」

 

食べるものはなんでもいい?

「でも朝食をゆっくり食べているヒマはない!」という人もいるでしょう。
そんな人はなんでもいいので口にいれましょう!
バナナ1本に牛乳1杯…これだけで十分です。

 

朝食が大切な理由は腸の時計をリセットするということだけではなく、
腸に刺激を与えるためのチャンスなのです。

 

腸は刺激を受けることによって動くという性質があります。
朝一番、この刺激となるのが朝食なのです。

 

朝食を食べることによって腸は目覚めて動き始めるのです。
ちなみに朝起きて、空きっ腹にコップ1杯お水を飲むというのも非常に有効な刺激です。
ぜひ朝1杯の水という習慣を付けましょう。

 

ただ、食べたほうがいいといっても、重いものはやめましょう。
まだ体が目覚めきっていませんから、急に重いものが入ると内臓に負担がかかりすぎてしまいます。

 

下痢の時でも朝食を食べよう

便秘をしている人はもちろんですが、下痢の人も栄養バランスのいい朝食を摂取することで
腸の調子が整い、下痢を改善できる可能性があります。
とにかく朝食を食べること。これがとても大切なことなのです。

 

最近は、朝は排泄の時間だから食べないほうがいい!という人もいるようですが、
逆に朝食を食べることが刺激となって、腸を動かし、中に溜まったものを排出するチャンスでもあるのです。

 

食事は数少ない腸への刺激になります。
ぜひスタートダッシュのための朝食をきちんと食べる習慣をつけて、腸の調子を整えていきましょう!

胃腸の調子を整えたい方におすすめのサプリメント
1位善玉菌のチカラ(定期初回1088円 内容量:31粒 1ヶ月分)

2位花菜の選べる乳酸菌(定期初回3000円 内容量:30粒×2袋)